Kou-Blog Kouの自己紹介

Kou

皆さま初めまして!
Kou-BlogのKouです!ご覧いただきありがとうございます!
まずは簡単に自己紹介いたします!

〇名 前:Kou
〇生まれ:1983年 群馬県うまれ
〇趣 味:筋トレ、外食
〇 夢 :沖縄で海の見えるマンションに住む
〇資 格:プロテインマイスター、宅建士、二級建築士
〇経 歴:
・高卒(工業高校建築科)
・公務員として18年勤務後、退職
・動画クリエイターとして2年、せどりを始めて11か月が経過

おおざっぱですが、こんなところです。

公務員をやめるなんてもったいない。なんでやめてしまったの?

Kou

色々な人に言われます(;’∀’)
ということで、自己紹介もかねて、私が公務員を辞めた理由や、今にいたるまでの経緯についてお話いたします!

自分には合わなかった「公務員の実態」

超保守主義な人の集団

「超保守主義な人の集団」

これが、私には合わないと思った、公務員特有の性質です。

そして、公務員が超保守主義になる原因は大きく2つ考えられます。

公務員が超保守主義になる原因

①何もしなくても上がっていく給料
②退職まで続く人間関係

この2つについて、掘り下げてみますね。

①何もしなくても上がっていく給料

仕事が速い人も遅い人も給料は同じです。
むしろ、遅い人は残業するので手取りが多かったりします。

私は要領が良いほうで残業は必要最小限しかしなかったため、同じ仕事をしているのに、仕事が遅い人の方が年収が高かったです。

そういうのを狙って残業している確信犯も多数いました。

Kou

頑張って定時で帰ってるのに白い目で見られることも…。

これは本当に納得できなかったです…。

②退職まで続く人間関係

どんな職業もそうだと思いますが、人間関係って大事ですよね。

気持ちよく毎日を過ごすためには、もちろん仕事の内容も大事ですが、それ以上に人間関係って大事になってきます。

それは私も重要だと思います。

しかし、公務員というのは、犯罪を犯したりしないかぎりクビにはなりませんから、基本的には退職するまで同じ人間関係が続くことになります。

だからなのか、その組織の中での自分の立ち位置みたいなのを、めちゃくちゃ気にします。

そして、どんなときも自分を守ることばかり考えているから、それが仕事面に影響してくるんです。

最悪の結果として、人間関係を優先するため、自分を守るために、行政としての決断さえもねじ曲がった決断がされてしまうんです。



また、対立関係にある2者がいるとして、そのうちの強者側に利害があると判断すると、強者側について一緒になって弱者を責めたり、陰口をたたいたり。

そんなことは日常茶飯事で、組織全体で行われていました。

入職当初から感じていたことでしたが、そういう実態に本当に嫌気がさし始めたころ、心の中で退職を決断しました。

Kou

この時点では、いつ辞められるのかは未知でしたけどね。

離婚-そして退職

そんな、もやもやした気持ちを抱えながらも、家庭を持っていましたので、すぐに退職という選択肢はありませんでした。

また、仕事の内容としては、やりがいを感じることができていたので、嫌な思いを抱えながらも無心になって働いていました。

そんなとき、離婚が決まりました。

これにより、夢の1つのように思っていた退職がいっきに決定事項に変わりました。

35年のフルローンを組んで建てたマイホームも売り、借金だけが残りましたが、退職金でなんとか支払うことができました。

Kou

退職金がしっかりもらえるのは、公務員の大きなメリットでした。

リセットボタンを押すように終えた第1の人生

人生のリセットボタン

職、家族、家、すべてを捨てて、残ったのは自分の身一つ。

しがらみから抜け出したいというのもあり、公務員時代の人間関係も、すべて断ってしまったので、リアルに自分の体だけしか残りませんでした。

こうして、私の公務員として働いた18年間は幕を閉じました。

後から思い返すとそれはまるで、ゲームでリセットボタンを押して、装備や覚えた魔法などが全て無くなり、レベル1に戻ったような感覚でした。

Kou

仕事も家庭も、こんな結末になるとは考えもしていませんでした。

人生って本当にどうなるか分からないです…。

第2の人生が始まる

第二の人生

「さあ、これからどうやってご飯を食べていこう」と考えたとき、最初は、昔から興味があった林業や農業などの第一次産業への転職を検討していました。

しかし、色々調べているうちに、クラウドソーシングという働き方があることを知り、そういう働き方を模索し始めました。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシング業者を介して、仕事を発注したい人と受注したい人をマッチングさせるサービス。

掲載されている業務のほとんどがリモートで完結するものなので、パソコンとスキルさえあれば、誰でも参入することが出来る。

クラウドソーシングサイトでは、色々な仕事があります。

しかし、どれも単価が安すぎて、それだけで生計を立てていくのはさすがに厳しいと思ったのが第一印象でした。

Kou

1件数百円とかの案件ばかり・・・。

やっぱり肉体労働しかないと思って、実は、林業の会社に面接まで行ってたんです。

大胆かつ無謀な行動で窮地を脱する

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングの厳しさを痛感しながらも、自分に出来そうな案件が無いか、ひたすら探しました。

すると、プログラミングや動画編集など、報酬が少し高めのジャンルがあることに気付いてきました。

そこで私は、単価もそこそこ良くて案件数も多い動画編集に目を付けました。

そしてなんと、動画編集の経験ゼロにも関わらず「基本的な編集は全てできます」と言って、何件もの案件に応募しちゃったんです。
もちろん編集ソフトも持っていない状態で・・・(笑)

そうしたら、なんと…。

2万円の案件を受注することができてしまったんです。

まさかの展開にビビりながらも「逆にこれはチャンスだ」と思い、そこからはもう必死で勉強し、冷や汗を流しながら作業しました。



幸い、動画編集と言ってもテロップを入れるだけの簡単な案件だったので、なんとか完了させることができました。

しかし、ドキドキしながら仕事をこなし納品までこぎつけたときの達成感は、公務員のときに働いていた感覚とまったく違いすごく刺激的でした!

Kou

今思い返すと、めちゃくちゃなことやってたな思いますね・・・。

でも、自分の行動力に驚かされます…。

無駄ではなかった公務員時代の経験

実は、最初に受注することができた動画編集の案件は、候補者になっていたものの選考からは外れていました。

しかし、落選連絡が来たときに私が取ったある行動によって、別案件を振ってもらうことができたんです!

そのときの詳しい話はこちらの記事に書いています。

【実体験】ランサーズ初心者が1週間で継続案件を受注した方法ランサーズで初心者だった筆者が1週間で継続案件を受注した方法と、そのために一番大切なことをお伝えします...

これは、公務員として18年間働いたことで得たビジネスマナーや文章作成スキルなどが、与えてくれた恩恵だと感じました。

Kou

公務員時代のことはネガティブな思い出になっていましたが、このときに初めてポジティブな思い出に変えることが出来たんです!

最上位ランクの「認定ランサー」となる

認定ランサーに選ばれる

この案件がきっかけで、この会社からは多数の案件をいただいくことができました。

そしてなんと、クラウドソーシングサイト「ランサーズ」の動画編集カテゴリーで、報酬ランキングの上位20%しかなることができない認定ランサーになるまでに成長しました!



さらに、認定ランサーになると、サイト上で優秀なクリエイターとしてどんどんオススメされるようになるので、こちらから応募しなくても直接指名されるようになっていきました。

Kou

まさかこんなに早く結果を出せるとは思っていませんでした!

元上司がくれた大切な言葉

人生塞翁が馬

今は動画編集に加えて物販の仕事を始め、より安定した生活をすることが出来ています。

今になって、私が公務員を辞めるときに上司が言ってくれた言葉を思い出すことがあります。

「人間万事塞翁が馬」 (にんげん ばんじ さいおうがうま)

「人間万事塞翁が馬」とは

人生における幸不幸は予測しがたいということ。

幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるか分からないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない。

という例えのこと。

実体験を通して、この言葉の意味が腑に落ちました。

元上司は、私の性格や人間性などを理解してくれていた人でした。

もしかしたら、こういった結果を予測していてくれたのかもしれません。

Kou

これが理解できると、人生無敵だなって思いました!

筋トレは体だけでなく心を強くする

プロテインを知り、筋トレに目覚める

過去のことを色々とお話ししてきましたが、つらかったときや、新たな人生を歩き出して必死だったとき、筋トレが私の心の癒しでした。

そしてある時、プロテインを飲み始めたという母親に影響され、もともと健康志向だった私もプロテインに興味を持ちました。

最初は、プロテインは「筋トレをする人が飲むもの」というイメージでした。

でも実はそうではなく、現代人に不足しがちな、三大栄養素のうちのタンパク質を効率よくとることができる優れた健康食品だということを知り、すぐに購入し飲み始めたのです。

さらに、もともと自重トレーニングをやっていたのですが、プロテインを飲み始めてからは筋トレに対する考え方も変わりました。

可変式ダンベルとフラットベンチ、防音マットを購入し、ジムには通わないものの、本格的に筋トレに取り組むようになりました。

筋トレをやっている時間は、どんなときも、気持ちをリセットしてくれる大切な時間です。

プロテインを飲むことと筋トレは3年ほど続けていますが、当時とは比べ物にならないほど筋肉質な体になりました。

そしてなにより、心が強くなった気がします。

さらに、プロテインマイスターというプロテインに関する専門資格を取得して、なんとなく飲んでいたプロテインも、正しい知識と根拠に基づき、効率よく飲むことが出来ています。

プロテインマイスターとはどんな資格?
プロテインマイスター資格の難易度や、メリットについて徹底解説!プロテインマイスターとはどんな資格なのか。取得するメリットやデメリット、受験方法などについて解説いたします...

Kou

プロテインを知ったことで食事全般に対する意識が変わり、筋トレをすることで人生が充実したものになりました!

人生はチャレンジの連続

お話しした通り、ここまでの人生色々なことを経験してきました。

その経験した1つ1つのことが、自分の血となり肉となり、今の自分がここに存在しています。

そして今、自分の力で歩き始め、色々な新しい刺激を感じながら、楽しく生きることができています。

「百聞は一見に如かず」ではなく、「百聞・百見は一体験に如かず」。

そして「良いことも悪いことも、全てに意味がある」。

ここまでの人生を経て、自分なり導き出したこの言葉を胸に、この先の人生も色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。

こちらのブログを立ち上げたのも、そのチャレンジの1つです。

こんな私ですが、皆さまの役に立つ記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

以上、ここまで読んでいただきまして、本当にありがとうございました!

    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。