ランサーズ

ランサーズの認定ランサーに最速でなるためにやるべきこと

ランサーズ内でランサーに与えられる最も高い称号。

それが「認定ランサー」

そして、その認定ランサーの様々なメリットを得るため、ランサーズで活動するほぼ全ての人が目指すところだと思います。

しかし…。

初心者
A子

認定ランサーって凄そうだけど…。
登録したばかりの私にはしばらく無理よね…。

登録して半年
B男

私はランサーズで色々な案件をやっているけど、認定ランサーになれないのはなんでだろう…。

こんな思いで悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

Kou

私はたった2か月で認定ランサーになりました!!!

スキルも経験も無かった私ですが、たった2か月で認定ランサーになれました!

その時に実際にやったことがこちらです!

✅カテゴリーを絞る

✅「新着の仕事」
を常にチェックする

✅継続案件を狙う

これらを徹底することができれば、それをやらないランサーと比べ、圧倒的に早く認定ランサーになることができます。

今回は、この3つのことについて、実際の私の経験をもとに深掘りしていきます!

が、この記事を読み進める前に…

ランサーズの認定ランサーの「認定基準と難易度」について徹底解説!】の記事はお読みいただきましたか?

ランサーズの認定ランサーの「認定基準と難易度」について徹底解説!認定ランサーの認定基準とその難易度について、実際に認定ランサーになった経験に基づいた対策とともに解説し、認定ランサーを目指す初心者をサポートします。...

ランサーズの認定ランサーの「認定基準と難易度」について徹底解説!】の記事は、今回の記事を理解する上で、非常に大事な内容になっています。

必ずそちらの記事を先に読んでから、こちらに戻ってきてくださいね!

この記事はこんな人におススメ

✔ランサーズ初心者の人
✔ランサーズで安定した案件数・収入を得たい人
✔ランサーズで認定ランサーを目指している人

◎記事の信頼性

✅筆者Kouのランサーズ活動歴は1年11か月目(2022年2月現在)
✅継続案件受注後、約1か月で認定ランサーの称号を得る
✅コンペ案件(参加者30人程度)に初参加で優勝
✅現在は動画編集関係:4社、CADオペレーター関係:4社のクライアントから安定的に案件を受注している

※認定ランサーとは、獲得報酬額(各カテゴリの上位20%)や評価(5中4.8以上)が一定の基準を満たしている人が与えられる称号で、4段階中の最上位ランクにあたる

カテゴリーを絞る

獲得報酬額が各カテゴリーの上位20%というのが、認定ランサーの認定基準の1つにあります。

つまり、いくら案件数をこなしても、複数のカテゴリーで受注していては、1つのカテゴリーで上位に入ることからは遠ざかってしまいます。

よって、動き出す前にまず、ランサーズ内で自分が活動するカテゴリーを絞ってください。

○あなたがやるべきこと

実際に動き出す前に、自分の活動するカテゴリーを1つに絞る

複数のスキルを持っている人は、「単価が高い」または「案件数が多い」カテゴリーを選びましょう!

◎単価が高いカテゴリー
●システム開発・運用
●Web制作・Webデザイン(バナーやアイコンなど)

◎件数が多いカテゴリー
●ライティング
●デザイン制作(チラシや会社ロゴ、看板など)

※令和4年2月時点 筆者Kou調べ

Kou

私は不動産、建築、動画編集など色々なカテゴリーで活動しようとしていました・・・。
これを意識できてたらもっと早く認定ランサーになれていたかも・・・。

ちなみに動画編集カテゴリーで認定ランサーになりました!

「新着の仕事」を
常にチェックする

ランサーズの運営は、募集開始直後に提案した場合の案件獲得率は高いという分析結果を公表しています。

実際に私も、「新着の仕事に提案したら締切待たずに即承認」みたいな流れで案件を獲得したことが何回もあります。

ランサーズの運営が言う通り、仕事の募集開始直後の案件はチャンスです!

○あなたがやるべきこと

「新着の仕事」を
常にチェックし提案する!

発注者の思考を考えてみましょう!

案件には大きく分けて2つのタイプがあり、それぞれで発注者の考え方が違います。

①誰がやっても成果に大きな差が出ない案件
→発注者:早く成果が欲しい。すぐにプロジェクトを進めたい。

②案件に関する分野に特に精通し、経験豊富なランサーを求めている案件
→発注者:時間をかけてでも優秀なランサーを厳選したい。

つまり、①の案件を見つけることが重要!

自信があるなら②の案件を狙ってもいいです!
ただし、ほとんどが「認定ランサー」に取られてしまうので、覚悟の上であればチャレンジしてみるも良いかもしれません!

運良く②のような案件が取れたら、ラッキー!
②の案件は報酬が高く、継続案件が多い傾向にありますので、一気に認定ランサーに近付きます!

慣れている発注者は、作業内容をマニュアル化して、誰がやっても成果に差が出ないように工夫しています。

だから①のような案件も沢山あります!

「新着の仕事」を常にチェックし、①のような案件を見つけたら積極的に提案していきましょう!

継続案件を狙う

継続案件を獲得することは、認定ランサーになるためだけでなく、様々なメリットがあります。

継続案件のメリット

①長期的な収入が見込める

②「案件を探し、提案する」という手間が減る

こういった恩恵を受けつつ、認定ランサーを狙うためにも、継続案件を狙います。

○あなたがやるべきこと

継続案件をうたっている
案件を探す

発注者は継続案件であることをどこかで教えてくれています!

◎【継続案件】や【継続あり】、【長期】などを案件名に入れている
→継続することが前提の案件

◎【相性が合えば継続的に依頼】などを依頼概要の中で書いている
→発注者との相性や成果品のクオリティによって継続するかもしれない案件

以上のように、継続案件は見つけ出すことができます!

ランサーズでは、案件探しと、それに対して提案するという手間は非常に大きいです。

継続案件を獲得することが出来れば、その手間が無くなり、ある程度先までの報酬が見込めるので、金銭的にも精神的にも安定してきます。

私は、継続案件を獲得することが、爆速で報酬を増やすことができる唯一の方法だと思っています。

それはつまり、認定ランサーへの近道でもあるということです。

【実体験】ランサーズ初心者が1週間で継続案件を受注した方法ランサーズで初心者だった筆者が1週間で継続案件を受注した方法と、そのために一番大切なことをお伝えします...

まとめ

では、今回紹介した方法をおさらいしましょう!

✅カテゴリーを絞る

✅「新着の仕事」を常にチェックする

✅継続案件を狙う

今回の方法は、カテゴリーを絞ったり、継続案件を狙ったりするので、自分が活動する場所を限定することになります。

なので、それらを意識せずに活動している人と比べると、案件獲得率じたいは下がってしまう傾向にあります…。

さらに、そういったことが続いてしまうと、不安になることもあるかもしれません。

ただし、今回ご紹介した方法を地道に実践してみてください!

認定ランサーになるまでの時間は、確実に早くなります。

そして認定ランサーになれば、それ以外のランサーより、安定した活動ができるようになるのは間違いありません!

私はこれでフリーランスとして自信を持って行動することが出来ました!

副業で活動しようとしている人も、大きな副業収入を期待できるでしょう。

ぜひ、認定ランサーへの一歩を踏み出してみましょう!

本日の記事はここまでになります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が認定ランサーを目指す人の一助になれば幸いです。

〇認定ランサーの認定基準が理解できていない方は、必ず【ランサーズの認定ランサーの「認定基準と難易度」について徹底解説!】の記事をお読みください。

ランサーズの認定ランサーの「認定基準と難易度」について徹底解説!認定ランサーの認定基準とその難易度について、実際に認定ランサーになった経験に基づいた対策とともに解説し、認定ランサーを目指す初心者をサポートします。...

〇継続案件を受注する方法が気になる方は、「【実体験】ランサーズ初心者が1週間で継続案件を受注した方法」をお読みください。

【実体験】ランサーズ初心者が1週間で継続案件を受注した方法ランサーズで初心者だった筆者が1週間で継続案件を受注した方法と、そのために一番大切なことをお伝えします...

    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。