ランサーズ

ランサーズの認定ランサーの「認定基準と難易度」について徹底解説!

この記事にたどり着いたあなた。

大切なことを押さえようと行動しているあなたは、もう既に同時に始めた他のランサーより一歩進んでいます。

①この記事で、認定ランサーの認定基準を頭に叩き込む

②「ランサーズの認定ランサーに最速でなるためにやるべきこと」の記事に沿って行動する

これであなたは、闇雲に認定ランサーを目指している人に、必ず勝つことが出来ます!

まずは「認定ランサーの認定基準とその難易度」をご覧ください。

認定ランサーの認定基準とその難易度
認定基準難易度
獲得報酬額がカテゴリー内で上位20%5
評価の95%以上が満足2
仕事完了率90%以上
タスク承認率90以上1
24時間以内のメッセージ返信率80%以上2
ランサーズへの最終ログインが1か月以内1
各種認証・プロフィールの登録1

※これら全ての基準をクリアする必要があります

難易度に注目すると…。

そうです。

①の基準以外、簡単なんですよ!

つまり①をクリアすれば、ほぼクリアみたいなものだということです。

②~⑦の基準は少しのことを気にするだけで大丈夫です。

そこで今回の記事では、①から⑦の全ての基準について、その難易度と対策をまじえて解説します。

そして、あなたには認定ランサーへの最短ルートのスタートラインに立ってもらいます。

必ず、最後までお読みください!

この記事はこんな人におススメ

✔ランサーズ初心者の人
✔ランサーズで安定した案件数・収入を得たい人
✔ランサーズで認定ランサーを目指している人

◎記事の信頼性

✅筆者Kouのランサーズ活動歴は1年11か月目(2022年2月現在)
✅継続案件受注後、約1か月で認定ランサーの称号を得る
✅コンペ案件(参加者30人程度)に初参加で優勝
✅現在は動画編集関係:4社、CADオペレーター関係:4社のクライアントから安定的に案件を受注している

※認定ランサーとは、獲得報酬額(各カテゴリの上位20%)や評価(5中4.8以上)が一定の基準を満たしている人が与えられる称号で、4段階中の最上位ランクにあたる

ランク制度についてのおさらい

認定基準の説明に入る前に、ランサーズが設けているランク制度について理解しましょう。

〇認定ランサー ★★★★

実績、報酬額、評価などのランサーズ運営が設けた基準を満たした優秀なランサー

〇シルバー ★★★

実績が豊富で評価も高いランサー

〇ブロンズ ★★

1件以上の実績があるランサー

〇レギュラー ★

実績がない、登録したばかりのランサー

このように、数多くのランサーの頂点に君臨するのが「認定ランサー」。

私の感覚ですが、ランサーズ内の全ての案件の金額を足した場合、その半分くらいは認定ランサーが稼ぎだしているのではないかと考えます。

発注者の立場で考えてみれば簡単なことです。

少し大げさなイラストに見えるかもしれませんが、実際に認定ランサーのインパクトはこのくらいあります。

発注する金額が大きくなればなるほど、信頼のできるランサー=「認定ランサー」に発注したいと思うのは当然のことでしょう。

このくらい差があるということを頭に入れておきましょう。

では、その認定ランサーの認定基準について、詳しく見ていきましょう。

認定ランサーの認定基準

冒頭でもお見せした通り、認定ランサーになるには、以下の基準を全て満たす必要があります。

認定ランサーの認定基準とその難易度
認定基準難易度
獲得報酬額がカテゴリー内で上位20%5
評価の95%以上が満足2
仕事完了率90%以上
タスク承認率90以上1
24時間以内のメッセージ返信率80%以上2
ランサーズへの最終ログインが1か月以内1
各種認証・プロフィールの登録1

各基準について、難易度と私の実体験に基づく対策をまじえて解説します。

獲得報酬額がカテゴリー内で上位20%

難易度:5

最難関にして最重要になるのが、この獲得報酬額になります。

案件獲得競争に勝ち、かつ、それを積み重ねないといけないので、思うようにいかず、悩まれている方が多いはず・・・。

ただ逆に、この項目さえなんとかなれば、他の項目は勝手に付いてきます。

ですから、認定ランサーを目指すのであれば、ここに全エネルギーを集中させましょう!

具体的な方法については、「ランサーズの認定ランサーに最速でなるためにやるべきこと」で解説していますので、そちらをご覧ください。

ランサーズの認定ランサーに最速でなるためにやるべきことンサーズ登録後2か月で認定ランサーになった筆者が解説!ランサーズの認定ランサーに最速でなるための具体的方法を紹介します。...

評価の95%以上が満足

難易度:2

納品が完了した段階で、発注者から「満足」か「残念」の2段階で評価されます。

普通に案件をこなてしてれば「残念」という評価をもらうことはありません。

「残念」評価を付けられる例

・案件を途中で放棄する

・クライアントからの連絡に対するレスポンスが悪い

発注者は鬼ではない!誠意を持って対応しましょう!

悪い評価を付けられる原因としては、例として挙げた2つ以外にも納期や成果のクオリティに関する部分なども挙げられます。

しかし、発注者は色々なランサーとお仕事をしている経験者です。

マニュアルを整備していたり、慣れないランサーを育成しようとしてくれたりします。

なので、不測の事態が発生した場合でも焦らずに、こまめに連絡を取り、丁寧に事情を説明してください。

多少の出来事には対応してくれます。

Kou

ちなみに私は一度だけ、途中辞退したことがあります。

その際も、事情を丁寧に説明し、お詫びの気持ちをしっかり伝えたからか、悪い評価はつきませんでした。

※途中辞退した場合、次の認定基準「仕事完了率」には関わってきますので、ご注意ください。

仕事完了率が90%以上

難易度:2

当たり前ですが、10案件中1回以上、途中辞退してしまうと90%を下回りますよね。

よって、実績が少ない初心者のうちに途中辞退してしまうと影響が大きいです。

ただし、先ほども言ったとおり、発注者の方が多くの経験がある場合が多いです。

あなたが誠意を持って対応すれば、発注者もそれに答えてくれます。

教えてもらいながら作業を進めれば、完了まで持っていくことは出来るでしょう!

タスク承認率が90%以上

難易度:1

こちらは、タスク方式の仕事をした場合に設定される条件になります。

タスク方式の仕事とは…

多人数のランサーに同時に依頼される作業のことで、アンケートやレビューなど比較的簡単な作業で低単価な案件になります。

こちらは誰でもできるような簡単な作業になるので、特に注意点はございません。

確実に作業をこなし、承認(納品完了)まで持っていきましょう!

24時間以内のメッセージ返信率80%以上

難易度:2

仕事が始まり発注者と連絡を取りあう際に使われるメッセージ機能。

これが以外と油断しがち…。

やり取り最後のメッセージに注意を!

「以上です。よろしくお願いいたします。」

こういったメッセージで、やり取りを終えることが多いかと思います。

発注者がこのメッセージを送ってきた場合、「返信不要」というチェックを入れてくれれば、返信しなくても問題ありません。

しかし、チェックを入れてくれないことの方が圧倒的に多く、そのメッセージに24時間以内に返信しないと、返信しなかった数にカウントされてしまいます。

なので、「返信不要」になっているか確認し、なっていなければ簡単な返事で良いので必ず返信しましょう!

ランサーズへの最終ログインが1か月以内

難易度:1

こちらは、認定ランサーになるために頑張っている方はこまめにログインするので、特に問題ないでしょう。

既に認定ランサーの方でランサーズ活動が減っている人は注意!

各種認証・プロフィールの登録

難易度:1

プロフィール写真や免許証などによる本人確認、スキルや資格の登録などを済ませるだけです。

項目が多いので、正直ちょっと面倒ですが、一度設定してしまえば基本放置なので、やってしまいましょう!

引っ越しした場合などは、本人確認などの再設定が必要になります!

まとめ

では、今回紹介したことをおさらいしましょう!

認定ランサーの認定基準とその難易度
認定基準難易度
獲得報酬額がカテゴリー内で上位20%5
評価の95%以上が満足2
仕事完了率90%以上
タスク承認率90以上1
24時間以内のメッセージ返信率80%以上2
ランサーズへの最終ログインが1か月以内1
各種認証・プロフィールの登録1

※これら全ての基準をクリアする必要があります

繰り返しになります。

あなたは、この記事にたどり着いている時点で、闇雲に認定ランサーを目指している人とは違います。

①この記事で、認定ランサーの認定基準を頭に叩き込む

②「ランサーズの認定ランサーに最速でなるためにやるべきこと」の記事に沿って行動する

そして、この記事を読み終えたあなたは、認定ランサーへの最短ルートのスタート地点に立ちました。

あとは、②「ランサーズの認定ランサーに最速でなるためにやるべきこと」の記事に沿ってその道を歩くだけです!

その道はまるで、「空港内にある動く歩道」のよう。

普通の道を歩く人を、あなたは何人も置き去りにすることでしょう!

Kou

余談ですが…

私は、今回の記事の内容をまったく気にすることなく、運よく認定ランサーになることができました。

ですから、この記事の内容を理解した上で行動していたら、さらに早く認定ランサーになれていたかもしれません。

【実体験】ランサーズ初心者が1週間で継続案件を受注した方法ランサーズで初心者だった筆者が1週間で継続案件を受注した方法と、そのために一番大切なことをお伝えします...

本日の記事はここまでになります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が認定ランサーを目指す人の一助になれば幸いです。

    スパムメール防止のため、こちらにチェックを入れてから送信してください。